Recurl

【形状記憶トリートメントカール】



パーマ液ではなく。

【形状記憶トリートメント】でパーマをかける

新発想の、髪が傷む原因となる

アルカリ剤を使用しない

ノンダメージデジタルパーマ


パーマ=傷むという常識を覆して

低温で施術する事により

タンパク変性を起こさずにカールを形成するので

繰り返してパーマをかけても髪を傷めません

デザイン・ケア・トリートメントを同時に行い

回数を重ねる程にキレイな髪に!!



アルカリ剤を配合せず、毛髪内部のタンパク質とアミノ酸系還元剤

複合タンパクのケラチン、潤いを与えるたっぷりのヒアルロン酸

傷んだ毛髪を改善しながら強化・補修し

艶感と弾力性のあるカールを形成


トリートメント主成分である天然アミノ酸の働きで

髪を傷めずにカールを作る

【形状記憶トリートメント】




BIANCOの【形状記憶トリートメントカール】の利点

1、毛髪内のアミノ酸が主成分のトリートメントで

デザインとケア・トリートメントを同時に行う。


2、過膨潤、過収縮が起きないので。

仕上がりの質感が柔らか。

艶やかでシットリしなやかな髪を創造。


3、髪が傷む原因の

アルカリ剤及び有害なシリコン類も不使用。

髪のキューティクルとタンパク質を損傷しない。


4、毛髪のタンパク組成アミノ酸である

リジン配合で毛髪にハリとしなやかさを与えます。


リジンは、中性域で浸透性を持つ。

塩基性の非常に低分子のアミノ酸。

通常のパーマは、アルカリ剤が毛髪内に残留し

髪を傷める原因になりますが

リジンはケラチンと結合して中和します。


5、低温施術によりタンパク変性を起こさないので

繰り返しても髪を傷めません。


髪は卵と同じタンパク質で出来ていて、熱に弱いです。

高熱下にさらすとタンパク変性が起こり炭素が発生します。


(簡単に言うと、髪が焦げます・・・)

温泉卵は65度前後、ゆで卵は92~100度で出来ています。

タンパク質が硬くなってタンパク変性を起こすからです。


そうなると、元の状態には戻りません。

BIANCOの【形状記憶トリートメントカール】は低温で施術する事で。

タンパク変性を起こさずにカール形成する為。

繰り返しても傷まずに、プルプルカールを再現。



更に、BIANCOでは

BIANCO自社開発の【艶髪再生システム】

液晶乳化&BSA


とコラボする事で。

より艶やかで柔らかな

パーマスタイルを提案させて頂いています!!

再現性抜群で

自分でも簡単に弾力のあるカールが作れます!!
TOPページへ戻る
●住所 〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町30-2
ケゼットハウス2F
●営業 全日12:00〜22:00
●定休日 毎週火曜日
●電話(ご予約) 03-5728-0461
地図